ナギさようなら

9月来日したばかりのころ
f0002750_22434622.jpg
6週間の日本滞在が終わり、娘とナギが帰国しました。1万キロ以上もの長い旅路を神様守っていてください。
成田を11時40分に離陸し、今頃やっとコペンハーゲンに到着したころだろう。

 これから乗り継ぎ機を数時間待ち。それから1時間ほどの飛行でハンブルグへ到着するはずだ。ハンブルグではパパが首を長くして待っていてくれる。

 そこからオルデンブルグまでは、車で2時間ほどかかる。そんな長い長い旅を5歳のナギはどう過ごすのだろう。ナギをなだめすかせて娘はヘトヘトになってしまう。

 それでも1年に1回か多ければ2回里帰りをしてくれる。日本に帰りたいという思いのほかに、きっと私たちにナギを会わせたいとの思いもあるのだろう。 

 ありがとう。お陰で賑やかに楽しく暮らすことが出来ました。成田でナギまた来てねと言うと、ナギはバイバイとさばさば出国して行ったが、私は寂しさで目が潤んだ。

 来年夏が過ぎれば1年生になる。その前に日本に来ると言うが、春の一番よい季節に来れるといいなと思います。

 娘たちが日本にいる間に、娘の友人とその娘さん6歳がやってきて、それはそれは賑やかでした。言葉の解らない人とも何とか楽しく過ごせて、よい経験をさせてもらいました。

 古い木造の日本家屋では、窮屈だったと思います。畳の6畳間を母子に使用してもらい、ベットではなく日本の布団で寝てもらいました。

 日本の温泉にも行って見たいということだったので、子供たちの楽しみにしていた、トーマスランド行きを兼ね河口湖のうぶや旅館に1泊しました。
 
 温泉や料理をとても喜んでいたようです。滞在が短かったので遠出はそれだけで、あとはもっぱら東京の町をあちこちショッピングして楽しんでいました。

 そのこともおいおい書いていきたいと思います。遥かな国から2組の訪問が終わり、今ほっとしているところです。皆楽しんでくれただろうか。いつでもまた来てください。こんなあばら家でよかったら...

 


 
[PR]
by inakagurashi2003 | 2010-10-29 22:41 | 孫日記

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003