いすわり

 菅総理は退陣をにおわせながら、未だに辞める気配すらない。内閣不信任案を鳩山前総理を体よく騙して上手くすり抜けた。

 もはや総理の首に鈴を付けるのを諦めたのか、政府内外にもその勢いを感じられない。ましてや野党の皆さんにも、この暑さで頭ボケちゃったのか、打倒菅内閣との勇ましい声もない。

 菅総理はしかるべき時に、若い皆さんに引き継いでもらいたいと言い続けている。一度も総理の職を辞するとは言っていないのである。

 何を勘違いしたのか、鳩山前総理は辞めるなら不信任に賛成しないと、前日まで不信任に賛成すると言っていたが撤回し反対した。 

 梯子を外された議員もいたが、おおむね民主党議員は不信任に反対し、菅総理は延命したのだった。それでもマスコミは6月末退陣だ、いや7月半ばごろ退陣だ、主要な法案が通る8月末が退陣時期だといい続けた。

 先ごろ菅総理は9月半ばに行われる、国連総会に出席する胸を外務省に伝え、演説草案を作成するよう命じたそうだ。マスコミは、ヤヤこれでは9月末退陣かと書き立てるのだろうか。

 総理に退陣の気持ちなど微塵もないのに、退陣はいつだ、退陣はいつだ、と騒ぐのはもう辞めませんか。特に何か悪いことをしたわけでもないし、やりたいだけやらせてみてはどうだろうか。

 どうせこの総理はあの大震災さえなければ、とっくに辞めなければならなかったのでしょう。皮肉にも震災が延命につながったとみるべきでしょう。

 菅さんでは復興できないと、野党は言うが、では誰なら東北3県を見事に復興させることが出来るのか。私がやります。こんな風にやり遂げますと手を上げてもらいたい。

 参議院の数が逆転していて、法律が通らないのは、自民党が政権をとっていたときもそうだった。だけど政治は粛々と進んでいたではないか。

 300人もの衆議院議員を持ちながら、今の民主党のなんと弱腰なこと。一つも政権公約を守ることもできず、いったい何をやりたいのかも見えない。

野党は野党で、公約破棄しなければ協力しないと言い張っている。いい加減にしてくれませんか、国民は何を望んでいるか、何を優先させるべきか、考えたらわかるはずです。

 私が個人的に望むこと、国会議員を半分にし、歳費その他の余分な出費を半分にしてください。75%もの出費を抑える事が出来ます。名古屋市長が言っていることと同じです。

 削減できた75%は、東北その他災害県の復興に回せます。自分たちの懐は暖めたまま、国民には辛い辛抱を強要する政治屋なんかいらない。

 こうなったら菅総理、いつまでもいすわり続けて下さいな。誰にも尊敬されないと思いますが....

 
[PR]
by inakagurashi2003 | 2011-07-17 16:50 | 雑談

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003