大人のおにぎり

f0002750_23384151.jpg
 和(ナギ)の昼食は野菜と鰯のつみれが入った雑炊だった。最初は美味しそうに食べていたが、いつの間にか、大人が食べるように、握っておいたおにぎりを見つけ大きく口を開けて食べているではないか。

 私の大きな手で握った、大きな鮭おにぎりに噛み付いて格闘している。のりは、熊本から貰った有明海の厚いのりだ。とても美味しい。

 和はこんなのが食べたかったのだと言わんばかりに、手をご飯粒だらけにして食べている。大人って、大人って、こんな美味しい物食べてるんだな。

 昼から娘の友達に会うため上野公園へ出かけていった。ドイツで知り合った若者だ。私も一度ハンブルグVSベルリンの、サッカーの試合をその若者と見に行ったことがある。

 今は帰国して勉強し、ある放送局系のアート会社に就職している好青年である。今時の若者は安定を求めない。いい会社に就職できよかったと思うが、本人はまたヨーロッパに行きたいと言っているとか。

 その青年に上野公園でたくさん遊んでもらい、ナギは上機嫌で帰って来た。夕食に下の娘の婿殿もやってきたので、ナギは婿殿の顔を見るなり床に寝転び、足をバタバタさせている。

 一週間前、婿殿がそうやって遊んでくれたのを覚えていたのだった。たった一回だけやった遊びを、一週間経て思い出したようだ。

 きゃっきゃと笑ったり、気に入らなければウ~ンと否定したり、泣いて何かをしてもらったり、ナギは自分流の知恵を付けていく。
[PR]
by inakagurashi2003 | 2006-12-03 23:37 | 孫日記

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003