水元公園で初めてのスケッチ

f0002750_16305458.jpg
 先日の絵手紙教室で、鉛筆によるスケッチの仕方を習った。筆が苦手な私は、鉛筆画で水を得た魚(豚)のよう。

 早速私たちのグループは日ごろの汚名(ほとんど描いていないグループ)を挽回しようと、水元公園へスケッチに行った。

 
f0002750_16321762.jpg
小さな葉書の中にあれもこれも描きたい。公園の風景といえば、たいてい緑の木々である。そこへ鴨がやって来たり、犬も来る。それらを描きたいが、同じ姿勢ではいてくれない。

 オイオイちょっとそのままでいてよ。鴨も首を描いたと思うと、その首が曲がって隠れている。犬は後ろを向いたり、前向きになったり、行ってしまったと思ったら、戻ってきたり、このモデルさんたちは、クルクル動いてダメだ。

 それに比べ木は動かない。これは描きやすいが、枝ぶり葉っぱ全部は描けない。それらを省いたものになる。

 
f0002750_16342973.jpg
5枚ほど描いたところで、色付けしてみた。木の色も結構難しいものだ。綺麗な緑にならない。秋の気配もあって、木は緑一色ではない。色々混ぜるとよけい汚くなる。

 何度も何枚も描かないと旨くはならないと思う。食事をして帰宅し、それぞれ宛名を書き投函した。

 早ければ明日届くだろう。拙い絵手紙ですがどうかお受け取りください。受け取り拒否にあったら、もう自信もなくして、死んでしまいたい。

 それほど落ち込むことはありませんが、出す人がいなくなっちゃいます。日頃のよしみで、どうか我慢して見てやってください。

 
f0002750_16351956.jpg
本当に始めてスケッチしてきた絵手紙です。恥ずかしながら、ちょこっとブログで紹介しておきます。その内もっと旨くなりますから...多分ですが...ならないかもしれませんが...

 
[PR]
by inakagurashi2003 | 2007-09-19 16:30

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003