人気ブログランキング |

小沢一郎が代表辞任か、辞めたらだめだよ

 数日来民主党代表の行動がおかしかった。福田総理となにやら密談したり、その申し込みを党に持ち帰り役員と相談したりしていたそうだ。

 永田町のやり方は、昔も今も皆目解らない事だらけだ。小沢さんは何が気に入らないのか、代表を辞任したいそうだが、辞めたらあの参院戦は何だったの。

 国民は小沢さんに期待して投票したのでしょう。全国津々浦々、過疎の村まで訪ねて農民とも話し合ったのでしょう。

 それが半年もしないうちに、自民党から連立を持ちかけられた。小沢さんともあろう人が、それを受けたかったのだろうか。

 あと少しでこの次の選挙で、政権交代までいかなくても、それに近いところまで自民党を追い込むことが出来た。焦ることなど無かったはずだ。

 二大政党のために、小選挙区制度を作ったはずだし、小沢さんもそれを望んでいたはずだ。福田総理は何を言ったのか。小沢さん曰く、誠意ある福田さんからの持ちかけだったそうだ。

 小沢さんには誠意あるもちかけだっただろうが、国民には誠意ある政治がなされるのか。私はどっちの政党でもいいと思っている。本当に国民の方を向いた政治なら、世界の平和に寄与できるなら、自民党でも民主党でも共産党でもいい。

 誰のために政がなされるのか。ゆめゆめ自分の利益のため、自分の党の利のためであってはならないのだ。

 小沢さんに言いたい。いろんな党を作っては壊し、また連立したり離脱したり、きっとその事も信念にもとずいてされたのでしょう。

 それなら政治生命を賭けた最後の仕事として、民意を問う次の衆議院選挙を、先の参議院選挙の時のように、自分が総理になったら、一番何がしたいのかを訴えて戦って欲しいと思います。

 郵政民営化をやりたくて、なりふり構わず突っ走った小泉元総理は、そのことが良かったか悪かったかは、歴史が証明するだろうが、彼は国民に解りやすかった。

 民主党の皆さんにもお願いします。今回の小沢さんの行動を批判する前に、民主党は次の選挙も小沢代表で戦うべきです。

 そうでなければ、参議院選挙の時のような風は吹きません。吹いたとしても竜巻のような風に飲み込まれ大敗するでしょう。民主党よしっかりしなさい。
by inakagurashi2003 | 2007-11-04 18:07 | 雑談

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003