人気ブログランキング |

<   2006年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

婿殿一人でアメ横へ

 婿殿一人でアメ横へ買い物に行きました。昨年来た時も一人で出かけたので大丈夫だと娘は言うが心配だった。

 婿殿お腹が空いているのではないかと、夕食作って待っていましたが、なかなか帰って来ない。

 お昼過ぎに出て、帰ったのは夜八時半ごろ。帰ってくるまで心配だったが、おみやげまで買ってきて余裕で帰ってきた。

 
f0002750_220791.jpg
チンジャオロースー 鯵の開き 大根の味噌汁 自家製たくあん どれも婿殿の好物です。


 帰ってきて一人で食べていました。私たちいつ帰ってくるか解らないと先に戴きました。婿殿ご免なさい。もう少し待っていれば一緒に食べられたのにネ。

 明日は日本での最後の晩餐だから、すき焼きでもしようか。
by inakagurashi2003 | 2006-01-30 21:58 | 料理

 お好み焼きは初めて

 今日はお好み焼きを食べに、親戚も一緒に総勢12人で「やぐら」とゆうお店に行きました。婿殿はもちろんお好み焼きは初めてで、日本の食文化に触れました。

 子供は和も入れて3人なので、熱い鉄板に気を使いながら、それでも次から次と焼きました。もんじゃ焼きは、私はあまり好きではないが、皆は好きですね。あのグチャグチャ感がなんか好きになれません。

 
f0002750_2135633.jpg
初めて食べる婿殿、小さいへらを使って上手に食べています。大きい反しで丸いお好み焼きもふわっと反します。日本人の下手な人よりよっぽど上手なので、周りのお客さんも笑って見ていました。

 和は何処でも寝返りハイハイ、我関せず。手を舐め、おもちゃを舐め、涎をたらりお店の座布団にたらり、ご免なさい。ブログで謝っている馬鹿な私。本当にご免なさい。

 和たちも後3日でベルリンに帰ります。3日が3年ぐらいに長かったらいいのに。一日はあっという間に過ぎていきます。

 神様私に和を見させて下さって、少しの間でも家族として暮らせた事を有り難うございます。
  
 婿殿、娘と和をどうぞよろしく頼みます。頼みます。

 
by inakagurashi2003 | 2006-01-29 21:24 | 孫日記
 和(ナギ 5ヶ月の孫)が来日してから、我が家の生活はそれはそれは賑やかな事。

 和が泣いたと言って私はかけより、笑ったといってはその笑顔を愛しみ、愚図っていると婿殿や娘の腕から取り上げ、てんてんてんまり~と唄い寝かし、起こさないようにそっとおろし、おならをするとお尻の臭いを嗅ぎ、ウンチが出たかと確かめ、赤ちゃんの存在のなんと大きい事。

 そんな和に、今日の遊びは、甥から借りてきたけん盤のついたおもちゃです。モーツアルト生誕250年の記念日でもあるので、和もちょこっと音楽の真似事をした。

 
f0002750_914153.jpg
なんでもけっこうな力でバンバン叩くので、けん盤はランプガつき、幸せなら手を叩こうとなるわけです。面白いのか暫く遊びました。

 ベルリンでは、モーツアルト、バッハ、ベートーベンをおもちゃで聴いていたので、音のなるおもちゃには、慣れています。

 私は音楽には疎いので、できれば和に、楽器を奏でる人になってもらいたいと思います。それから絵が描けるか、文章が書けるか、ドイツのお爺さんのように医者になってもらうのが夢です。

 そんな事を娘に言おうものなら、怒られてしまいます。ドイツでは、子供の職業は子供自身が選ぶのが普通で、親が何になって欲しいとは言わないんだそうです。

 だから私の思いは勝手な夢と言うわけです。

 昨日浅草に兜飾りを見に行きました。まだお雛様が主役で、男の子の武者人形は少し飾っている店がほとんどでしたが、婿殿驚いて「日本はどうして子供のお祝いがこんなに立派なのか?」と不思議だったようです。

 私は正宗の兜と鎧が付いたのを買ってやりたかったが、猫が走り回るからいいと言って、買うのをやめました。

 それならベランダに飾れる小さい鯉のぼりを、春になったら送るか、私が持っていくかすることにしました。

 日本は子供の成長の節目節目に、お祝いがあることを婿殿始めて知りました。
 その代りと言っては変ですが、子供への期待が大き過ぎるかもしれません。

 ドイツのように1人の人間として、もっと自由にのびのび子供を育てるのもいいかも知れないと思いました。
by inakagurashi2003 | 2006-01-28 08:56 | 孫日記

 台湾料理の好きな婿殿

f0002750_22343496.jpg
 婿殿の好きな料理の一つに台湾料理があります。今日は家族で小岩にある小味園に行ってきました。

 この店は最近リニューアルし、1階はテーブル席で、2階にフローリングの広い座敷があります。駐車場もあり大変利用しやすくなりました。

 赤ちゃんづれの私たちは、2階の座席に案内され、和(ナギ)は座布団の上で遊んでいます。オーダーすると待つことなく次々と料理が出てきます。

 早くて美味しいときています。あれこれ注文して色んな料理を皆で分け合いながら食べる事が出来、10種類以上も注文して、婿殿がビールを飲み、大人5人で1万円でした。あんなに食べたのに安いこと。

 この店は小岩で小さい店のときから、よく利用していましたが誰と行ってもたいてい美味しいといい皆リピーターになります。

 和は食事の途中で一回ミルクを飲み、ご機嫌でつづきの遊びを始めました。もう一組の幼児を連れたグループがあって、幼児と和は少し気になる様子です。

 食事の最後はいつも台湾ラーメンです。このラーメンは小さい器に入って半ラーメンのようです。韮ともやし、それにひき肉が入っていてサッパリした薄味です。200円の小さいラーメンです。

 婿殿「オイシカッタデス」と喜んでくれました。今度日本に来た時も行こうね。その頃には和も何か食べられるかもしれない。

http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/7019.html
by inakagurashi2003 | 2006-01-26 23:10 | 孫日記
 数日前から世間を騒がせている、ライブドア前社長の堀江氏。その言動の中でお金で買えないものはほとんど無いと言っていたそうだが、今ごろ東京拘置所の独居房で何を思っているだろうか。

 ヒルズ族とも言われ、羨望の眼差しで見ていた人も多かったに違いない。世界1の会社にするんだと熱く語っていた堀江氏。

 若さ故の突っ走った人生、それなりに社会への貢献もあったろうし、沢山お金を稼げば税金だって払ったはずです。自家用ジェット機も買ったというから、その消費税も大金であろう。そいういった意味で社会への貢献もしていたと思う。

 どんな法律を犯したかは、まだ詳しく解らない。検察が逮捕に踏み切ったからには、それなりの罪もあるのだろう。

 しかし堀江氏を擁護するつもりはさらさらないし、彼との関わりもぜんぜん無い。その上で言いたい事が一つあります。

 今マスコミは堀江容疑者、容疑者と連日悪者扱いで攻め立てているが、マスコミ界のみなさん、あなた方はつい先日まで、ほりえもん等と呼んで、TVに頻繁に出演させて時代の寵児ともて囃していたではありませんか?

 自民党もその人気を利用して、亀井氏の刺客として送り込んでおきながら、何の責任も感じずに、法を犯したなら仕方が無いと突き放しています。刺客を送られた側の亀井氏は、「若いのだからやり直して頑張ってほしい」とインタビューに応えていました。

 堀江さん、お金で買えないものがあったよね。順調にいっている時寄って来る人は真の友人には成りえません。今困難の時、手を差しのべてくれる人が本物の友人です。離れていく人は離したら良いのです。
 しっかりと反省して今度は正しいやり方で、その才能をもう一度社会の為に役立ててほしいと思います。

 あなたと一度も会ったことがない、これからも会うことはないおばさんからの願いです

 立ち止まって大空を眺めたら、あるいは紺碧の海を見つめたら、自分がどんなにチッポケな存在かがわかります。

 試練に遭わずに進む人の道はつまらないものです。困難に遭って始めて解る事をいま噛み締めていることでしょう。
 
 独居房の寒さに気をつけてお体を労わってください。

 
by inakagurashi2003 | 2006-01-25 21:54 | 雑談

赤ちゃんの記憶

 和が泣いてぐずっている時、ベルリンで一ヶ月唄った鞠と殿様(てんてんてんまり~)を唄うと和は眠くなって寝てしまいます。

 もしかしてあの時の子守唄にしていた(てんてんてん鞠)を覚えていたのではないでしょうか?赤ちゃんの記憶は、どんな時どれだけ覚えていられるのか不思議な気がします。

 いない いない ばあ~ も記憶の一部だそうです。顔を隠して次にばあ~とやるとニッコリ笑って喜びます。この遊びは赤ちゃんならだれでもと言っていいほどやります。

 顔を隠している間の時間と、ばあ~と出てくる時間を期待を込めて待っているのです。

 赤ちゃんの記憶の始まりは、胎児の時からあると言われていますが、胎教なんかはその為でしょうね。

 
f0002750_2253853.jpg
今日の和はハイハイがまだ出来ないながらも、手で支える時間も長くなりグッと膝を立てています。疲れると顔を横に向けて少し休み、またすぐにハイハイポーズになります。

 よくもまあ、飽きもしないで1時間も頑張れるものです。お腹が空いて突然泣きだし、200MLのミルクをぺろりと飲んでケッロとしています。

 私は女の子しか育てなかったので、男の子の元気過ぎる子供を育てる娘は、これから大変だと思いますが。その分,成長した眩しい青年を見ることができるのだから,頑張ってほしいと思います。

 
by inakagurashi2003 | 2006-01-24 21:52 | 孫日記

ぶり大根をどうぞ

 何でも食べてくれる婿殿にぶり大根を作りました。
f0002750_17595712.jpg
それより少し前焼き芋をおやつに食べたので、夕食はもう少し遅くしましょう。

 この寒い中、和(NAGI)が遊びに飽きたからと外出した。
ベルリンでも一日一回は外に連れ出すそうだ。日本なら寒い時赤ちゃんを外に出すことは普通しません。

 寒さに慣れているんでしょうね。部屋の中では今日は日が射して暖かく、和も真っ赤な顔でよく遊びました。相変わらず遊びはハイハイです。時々横には進めて180度回転するようになりました。

 赤ちゃんの成長は一日一日で変ります。私が犬の鳴真似でワンと言うと、声をあげてキャキャと笑うので面白くなってワンワン。いつの間に私は犬になったのかしら?

 和の始めての言葉がワンだったらどうしよう。と思いながらも和があまりに喜ぶから、顔を見るとワンと言ってしまう。

 明日から別の遊びを考えましょう。 ワン ワン。
by inakagurashi2003 | 2006-01-23 17:58 | 料理

初めての温泉旅行

 和(ナギ)一家と友人一家6人と乳児2人で、始めての温泉旅行をした。伊豆の熱川のペンションへ大移動。

 友人は娘さんの家に寄って熱川まで、私たちは東京から直接行く事にした。和が車でおとなしくしていてくれるかが一番の気がかりです。

11時30分に家を出て、一路熱川へ。首都高へ入る頃和は少しぐずったので、こりゃダメかなんて思っていたら、高速に入ると眠ってしまった。

和が寝ている内に、行ける所まで行くことにした。運転は私オーマです。

 いける、いける、まだいけると、トイレも我慢して走っている。まだまだいける。和は良く眠っている。どんどん走り伊豆半島も半分走って、とうとう熱川のペンションに到着してしまった。

同じ頃友人達も到着。6人の大人と2人の乳児でペチャクチャお喋りが始まり、泣いたり笑ったり楽しいひと時、至福の時、婿殿温泉が大好き、その日ペンションは貸切状態で、温泉は自分の為に沸いていると大喜び。

 赤ちゃんもそれぞれ温泉につかりご満悦。部屋もお客さんが少ないから隣の部屋も使っていいという大サービスでした。

部屋に半露天風呂が付いていて、ここはペットもOkのペンションだったのです。ペット用のたらいも置いてありました。

 食事は食堂へ行き2人の赤ちゃんも一緒で赤ちゃん同士の会話も、何だか解らないけれどありました。お互い相通じるものがあったことでしょう。

 2人の赤ちゃんを連れた可笑しな旅行の翌日、伊豆にも雪が降ると言うので、帰り道は山越えを避けて、来た道を引き返し、友人の娘さんの家富士へ行きました。大井松田からは雪も降って運転に気をつけ富士に着く頃には、すっかり雪も止みました。

f0002750_21295372.jpg
写真は楓ちゃん和のベストフレンド
 
娘さん宅で3時間遊んで、さて雪の東京へ帰ることに。高速道路は規制なしとの情報を得て、和よ又おとなしくしてネ。雨が雪になり東京に近づくほどに雪は積もっている。なんとか家までたどり着きたいものと必死の走行です。和は運良く寝ています。家に着くまで寝ていてください。途中雪による渋滞もなく、2時間15分で富士から到着。こうして私たちの赤ちゃんずれ大旅行は終わった。

 
f0002750_21345418.jpg
新聞紙の兜を被った和

温泉三昧でまあ良しとしましょう。和いい子だったね。おかげで皆楽しみましたよ。
by inakagurashi2003 | 2006-01-22 21:26 | 孫日記

皆で和(ナギ)リレー

 職場の皆さんが和を見たいというので、近所のレストランへ行った。皆さんのお昼の食事中をお邪魔しました。

 和が愛嬌を振りまくので、代わる代わる和を抱っこしてもらいました。まるでバケツリレーをしているように、人から人へと渡って、和はご機嫌。

 小一時間もお邪魔して和一家は退散した。

 私がドイツへ行ったことが刺激となり、私の職場では、2年後を目どにヨーロッパツアーの積み立てを始めた。

 まだ先は長いのでヨーロッパは見えていないが、今日和や婿殿に会って少しヨーロッパが近くなった様な気がしたと言った人もいる。

 和も日独親善に少し役に立ったようだ。たった5ヶ月にして友好の大使のようでした。

 それにしても皆さんありがとうございました。今日和を抱っこしてくださった皆さん今頃筋肉通になっていませんか。

 和は寝返りを完全マスターしたと思ったら、ハイハイをしたくて手をバタバタ足をバタバタ前に進みません。毎日必死でハイハイの練習をしています。

 前にも後にも何処にも進まず、同じ所でバタバタ、バタバタ、しまいに泣き出してしまいます。仕方が無いから、足を押さえてやると蹴ってグンと進めます。和はそこでニッコリ。

 当分は和のハイハイの練習に付き合わされる事になりそうです。
f0002750_21534073.jpg

by inakagurashi2003 | 2006-01-19 21:52 | 孫日記

 火事と喧嘩は江戸の華

 夜パソコンに向かおうとしたら、激しい喧嘩の声が聞こえた。大勢で喧嘩しているらしい。中には赤ちゃんの泣き声さえしている。その内罵声にまじって物が壊れる音までしだした。

 夫が隣の家の子供が兄弟喧嘩をしているらしいと言うので、「そんな事ないでしょう今まで喧嘩したことなんて無かったよ。」

 それ位私の家と隣はくっついている。電気メーターや水道の検針の人が通れる位しか空いていない。

 喧嘩はだんだんとエスカレートし、警察官まで出動した。これはただ事ではないと外に出ると警察官が一人では手に負えないと、応援まで要請している。

 やはり何事かと出てきた近所の人に訊くと、息子さんが結婚して奥さんの方の家に行ったのだと言う。良くある事です。ところが両家の仲が悪く、奥さんの方の親が何か文句を言いに来て喧嘩になったそうだ。

 隣の息子さんが結婚した事も知らなかったし、お孫さんがいる事も知らなかった。私はいつの間に?と吃驚した。

 警察官は6人来たが、相手の親の剣幕にタジタジであった。

 お酒を飲んでいるらしく、同じ事をくどくどわめき立てている。隣の息子さんは21才まだ若い遊びたい盛りの青年である。

 東京はほんの隣のことも解らないのに、今日一夜にして色んなことが解った。

 息子さんはお隣のご主人の怒りをかって家を出された事。

 結婚前に子供ができた事

 結婚には反対だったが結婚式は挙げたこと

 両家の親同士が仲が悪い事

 孫にも合わせてもらえないこと

 息子さんが結婚した相手とその親が何か不満があって怒鳴り込んできた事。

 警察官の取り成しもあって、少し冷静になったらしく、静かになった。

 後にはころがった植木が哀れに倒れていた。玄関のガラスも大きく割れて家の中が見えている。

 よく知らなかったお隣さんが、今大変な時を過ごしていたんだなと思いました。

 それにしても赤ちゃんもいるのに、大声で叫びドタバタ騒ぎは辞めましょうね。
by inakagurashi2003 | 2006-01-18 00:11 | 雑談

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003