人気ブログランキング |

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

これ欲しいの

f0002750_6435613.jpg
 僕このごろ覚えたんだ。何かしたいとき、おお泣きしたり、バタバタそっくり返ったりすると、みんな困って僕のしたいことやらせてくれるの...

 リサイクルショップを見に行ったとき、お店の前に車があったの。僕それを押したくてニコニコしながら押してみた。力いっぱいおすと、車がスイスイ走り出して、面白くて止められない。

 3800円だっておばあちゃんが言ってたけど、僕はこの車が欲しくて仕方が無い。帰ろうと、僕をエルゴに抱っこしようとしたお母さんの胸で大暴れした。

 なおも反り返ってバタバタすると、お母さん危なくて僕を降ろした。僕すぐにまた車をおす。そんなことも繰り返したら、とうとう車を買ってくれた。

 どうしょうもないね、おばあちゃんがお金を払ってくれた。見るだけだと思ったのにね、おばあちゃんが言ったけど、僕は好きなものを見るだけは嫌なの。

 車を公園に持って行き、たくさん遊ばせてくれた。楽しかった~。公園の近くに楓ちゃんの家がある。僕の家には置くところが無いんだって...楓ちゃんの庭は広いから、そこにおいて貰った。

 楓ちゃんの家に行ったら、公園でまた遊ぶよ。僕のことをお母さんもばあちゃんも、だんだん大変になってきたと言うようになった。でも、僕いい子になろうと思うけれど、やりたいことが多すぎてね...

 
f0002750_6445968.jpg
最近行った公園で撮った写真だよ。自転車の後ろにはじめて乗ったんだ。危ないからお母さんが歩いて引っ張ってくれた。高くて気持ちが良かった。

 お母さんの自転車に乗れるのは、もっと大きくなってからだって、早く大きくなりたいナ。もっともっと何でもできる様になりたいんだ。
f0002750_6464242.jpg


 

 
f0002750_6455365.jpg

by inakagurashi2003 | 2009-10-31 06:38 | 孫日記
 
f0002750_22324254.jpg
新型インフルエンザ関連が、毎日ニュースで取り上げられている。誰から予防接種を受けるかとか、有料なのか無料なのか、1回ですむのか、2回接種しなければ効き目がないとか、などなど....

 そのうちにじんわりと、従来からあった、季節性のインフルエンザが、迫ってきている。ダブルパンチだ。特に老人や子供、病気の人などは心配だ。

 新型は孫の三大も1歳3ヶ月だから、優先順位は早いほうだと思うが、それでも12月にならないと接種できない。それまでに季節性のイフルに、襲われるかもしれない。

 娘は心配になった。何とか先に季節性インフルを接種したいと、インターネットを駆使して探した。先日何とか母子で受けられる予約が出来た。

 行ってみると、そのクリニックは開いていない。日にちを間違えたのか、電話をかけても誰も出ない。予約した医院の前をうろうろし、あきらめて帰った。

 午後その医院から電話があり、医者が病気になったという。張り紙ぐらいしてくれても良いのにと思った。後日再予約をすることにした。

 もっとネットで調べると、予防接種の薬に、防腐剤として水銀が混ぜてあるのと、そうでないのとがあることが解った。

 脳が発達段階の幼児には、水銀入りは良くないということが解り、娘は一大事とばかりに、水銀が入っていない薬を投与している医者を探した。

 ドタキャンされた医院は水銀入りだった。馬鹿に安い料金のところは、水銀入りと言っていいようだ。私も先に水銀入りの投与を受けた。年寄りだから脳は衰退しても発達することは無い。どうってことない。

 これからどんどん脳が発達する幼児には、注意が必要だ。それに幼児は2回打たなければならない。その後新型も打つ。新型は水銀入りだそうだ。

 ついでに調べたら、ドイツは予防接種の薬に、水銀を混ぜていない。どうして日本は水銀入りを製薬するのだろう。体に悪いとされているものを、平気で許可する厚生省は、薬害の反省など一つもない。

 そして今日調べに調べて、隣の区に防腐剤の入っていない薬を、注射してくれる医院を探しあてた。三大を連れて行って来ました。

 三大はいつものように、お医者さん嫌い。医院の前まで行くとものすごい声で泣く。わめき散らすというのが当たっている。

 注射が終わると私が三大を抱え、なるべく医院が見えないところまで行く。暫くは泣いていたが、大好きなオートバイが走るのを見て泣き止んだ。

 そのころ医院では、娘が患者さんたちに謝っていた。すみませんお騒がせして、ペコペコ頭を下げていると、一人の老婆が、「いいんだよ子供が泣くのは元気な証拠、大丈夫だよ」

 「わたしゃ耳が聞こえないんで、ここ何年も人の声をまともに聞いたこと無いよ、久しぶりに子供の元気な泣き声を聞いて、生き返ったような気がするよ」

 老婆の言葉に、安心して良いのか、はたまたそれほどの大きな声の三大を、喜んで良いのか、複雑だったそうです。耳をつんざくような声の子供です。

 帰りにお弁当を買い、公園で食べました。その後三大はオスベリをしたり、歩き回ったり、さっきの大騒ぎはすっかり何処かへ消えてしまった。

 あと1回季節性のインフルエンザ予防を、注射しなければならない。その後新型を2回やらなくてはならない。耳をつんざく声を、3回乗り越えなければならない。

 最初予約した医院の医者が病気になって、水銀入りの接種を免れた三大は、運が良かったのかもしれない。脳の発達に少しでも影響があるなら、やらないほうがましだからだ。

 娘は昨日夜中まで、防腐剤なしの接種をしてくれる医院を探していたらしい。母は強いね。眠そうな顔し、愛しい三大を抱いていた。頑張るんだよ!!

  
by inakagurashi2003 | 2009-10-27 22:31 | 孫日記

またナギがやってくる

f0002750_7616100.jpg
 来月6日ベルリンから孫(4歳2ヶ月)のナギがやってきます。2月に帰ってから、もうずいぶんな時が経っているような気がします。

 ナギは日本の幼稚園に、体験入園の予定です。さて旨くなじんでくれるでしょうか。子供のことだから、すぐに友達も出来、楽しく過ごせるといいのだけれど...

 和(ナギ)の行く日本の幼稚園は、帰国子女を受け入れてるので、それを頼りに探した園です。先日可愛い和のために、その幼稚園を訪れたのです。

 立派な建物に、広い園庭があり、子供たちは元気に遊んでいました。楽器の演奏をしているクラスもあり、年長さんだという演奏は、よくそろっていて、とても上手でした。

 帰国子女の受け入れは慣れているので、子供たちも国際的ですよ。説明してくださった先生が話してくれました。幼稚園に行くのは、3週間程度なので、制服は貸し出してくれるそうです。

 入園料も不要で助かります。バスが家の前を通るので、玄関から乗れます。これもラッキーでした。ベルリンでは歩いて幼稚園へ行っています。きっとバス通園も楽しいでしょう。

 週2回のお弁当は、何を作ってあげようかな。娘も作るだろうけれど、ばあちゃんは今から考えています。昨日はお弁当箱を見てきました。やっぱりトーマスの弁当箱がいいかな。

 和が来たら買いに行こうと思っています。和は自分の気に入ったものしか着ないけれど、幼稚園の制服や園内で着ているジャージなんかを着てくれるのかな?

 そのことがちょっと心配になってきました。みんな着ているから大丈夫かな。そんなことも考えています。和と三大(孫1歳3ヶ月)と、友人の孫の楓ちゃんを交えた遊びも、見ていて楽しいものになるでしょう。

 待ちどおしい2週間ではあります。七五三のために来るはずの和でしたが、メインは体験幼稚園になりそうです。トーマスランドも和にとっての一番の楽しみです。

 河口湖のホテルも予約しなければ、それもこれも和がやってきてから決めないとね。体調やいろんなスケジュールとか、その間を縫っての旅行だから...

 11月6日、和はどんな顔して成田に降りてくるのか、無事に来ることを願っています。あと15日で和に会える。

 

 

 
by inakagurashi2003 | 2009-10-24 06:54 | 孫日記
f0002750_958633.jpg
 昨日土曜日、楓ちゃんと舎人公園へ行ってきました。涼しい秋風が吹き、気持ちの良い日でした。舎人(とねり)公園は、足立区のはずれにある大きな公園です。

 その公園に人工の芝すべりが出来る場所がある。高い階段を上り、広がった青い芝生の上をボードを使いすべり落ちます。
f0002750_9584432.jpg


 楓ちゃんは怖くて、最初はお母さんと一緒に、慣れてからは一人で滑りました。さんたはもちろんお母さんがしっかり抱えてすべります。怖がりもせず喜んでいました。

 ばあちゃんも2回ほどさんたと滑りました。けっこう楽しいものですが、60歳過ぎた人はやっていません。最高齢のばあちゃんでした。

 
f0002750_9593699.jpg
お昼を芝生で頂き、三輪車で遊んだりしましたが、さんたは歩きたい、あっちにこっちに、歩く歩くただ歩く。鳩が、さんたのこぼしたおにぎりを、食べに集まります。

 
f0002750_1003520.jpg
公園では、バーベキューの良い匂いも漂っています。広い公園のほんの一部だけで、きっともっと楽しい場所があるに違いありません。

 もっとしっかり歩けるようになったら、頻繁に行って楽しめる公園だと思います。夏には幼児のプールもあって、来年にはさんたも楽しめるでしょう。

 ピクニック気分の楽しい1日でした。歩き疲れたさんたは、午後2時前にうとうと寝てしまいました。どんな夢を見たのかな....

 
by inakagurashi2003 | 2009-10-18 09:55 | 孫日記

大きな樹が大好き

f0002750_7451666.jpg
 驚くことに、三大は従弟のナギが好きだったように、大きな樹が大好きになり、公園ではより大きな樹を見つけ、その樹と戯れる。

 お母さん早く!!ここだよ、とでも言っているかのようだ。まだよちよち歩きなのに、より早く歩きたがり駆け出すように歩いていて、同じぐらいの幼児より、歩幅も大きく早足なのだ。

 おいおい転ぶのも多くなる。家の中でも、ゆっくり歩くことがない。いつも急いでいるようだ。これから危ない道路に出るようになったら、片時も目が離せない。

 高いところにも上りたくて、いつも足を上げてどこかに上ろうとする。お風呂も早く入りたく浴槽にあしをかけようとしている。それに浴槽に頭を入れているものだから、落ちそうで危ない。

 やっと1歳3ヶ月になったばかりなのに先が怖い。良いこともある。それは頭をシャンプーするのに、水を怖がらないから、すすぎをシャワーでジャージャーかけられる。

 頭を下げて湯をかけている間、何にも言わない。ハイ終わりと言うと、目を瞬かせて顔を上げる。一生懸命小さな手で顔をぬぐっている。可愛いしぐさに思わず、いい子だったね。

 一日に何度も、ハラハラさせられるが、一日に何度もいい子だったね、いい子だね、褒める言葉も多くなる。親ばかと、ババばかが、1歳3ヶ月の幼児に振り回されている。

 来月もう一人の孫が、ベルリンからやってくる。振り回され×2=? さて、答えは何だろう、楽しみではある。
by inakagurashi2003 | 2009-10-14 07:40 | 孫日記

孫たちを思う

f0002750_1624118.jpg
 和(ナギ)と楓ちゃんが4歳になり、三大(さんた)は今日で1歳3ヶ月になった。身長はは80センチを超え、体重は11Kになった。これが重いこと、重いこと....

 元気だと思っていた私も、三大の重さは身にズシンとくる。三大の身長が伸びるたび、私の身長は縮む。それが三大の体重が増えるたび、私の体重は減らない。なんてこった。

 来月ナギがまた日本にやってくる。大きくなっただろうと嬉しい反面、二人の孫に振り回される生活がしばらく続くことになる。いざ覚悟!!

 私は二人の女の子を生んだ。その二人の娘はなぜか男の子を生んでくれた。これがまた並大抵の子ではない。動く動く。興味のあるものに突進していく。

 他のものは目に入らない、危ないことこの上ない。三大の興味は回るもの、何か見つけるとそれをめがけてヨチヨチ歩き、もっと早くとなれば、頭を下げたスピードハイハイに変身する。

 私が抱っこすると、耳まで回そうとする。耳は丸いけれど回らないよ!!スーパーにおいてあるキャラクターカートが好きで、まず乗せてみるが5分と乗ってはいない。

 立ち上がり降りようとする。そのカートを自分で押したいのだ。結構力がいるが押して歩く。途中で座り込み輪を探して触っている。ほとんど床に寝転んだ姿勢だ。

 
f0002750_1623257.jpg
三大が回るもの大好きだから、とうとうそれを作ってしまった。ベビーカーの壊れた輪を取って板につけた。飽きもせずクルクル回してている。

 私がもっとよく回るように早く回すと、それを見て自分も同じようにやってみる。家の中のいたるところに、くるくる回る物が取り付けてある。ちょっと異様でさえあるが....夜中寝ぼけたのか、すわってクルクル回すしぐさをすることもあるのだという。
f0002750_16245543.jpg


 来月6日ナギが来たら、三大の家の車輪を見て何と言うだろうか?小さなキャスターのあれこれも、ホームセンターで買って付けた。

 三輪車のハンドルにも輪を2個付けた。クルクル回しながら、乗っていてくれればいいと思った。公園に着くまで、何とか乗っていてくれたらしめたものだから...ウ~ン三輪車も押したいんだよね。

 娘は公園などで、今から三大のお嫁さんを物色している。可愛い女の子を見つけると、なぜかそう思ってしまうんだとか...男の子のお母さんってそうなのかな。

 ナギや三大が、可愛い素敵なお嫁さんを探し、楓ちゃんが凛々しい婿殿と結婚する日も、あと20年もすれば来るのだろう。そうして人は繋いでゆく。

 それを見ることは出来ないが、困難を乗り越える力を、蓄えて欲しいと思っている。4歳のナギと楓ちゃん、1歳3ヶ月のやんちゃな三大、今は楽しく、思いっきり遊んでほしいと、願っている。
by inakagurashi2003 | 2009-10-10 16:20 | 孫日記

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003