人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

修復不可能な本

 
f0002750_2143774.jpg
三大は、1歳の頃からNHKが放送している、ピタゴラスイッチが好きでよく見ていた。DVDも買い見せていたが、装置の解説本を飽きず眺めていた。

 テレビがやっているピタゴラ装置と、本の中にある装置を見比べながら見ていた。そっと覗くとテレビと本のページがぴったりとあっている。

 ピタゴラスイッチは大人が見ても面白い。私なんか、わ~すごい、そうなるか、おっとこうなるんだ、と三大より喜んで見ている。

 その本は3巻持っているが、1巻2巻は既にボロボロ、何故かビリビリ破いてしまうのだ。そして困ったふうに持ってくる。

 最初のうちは丁寧にテープを貼り修理していた。そのうちどうにも修理不可能な状態になった。テープはどれだけ使ったか解らない。

 
f0002750_2144744.jpg
本はドンドン厚くなり無様な様相になった。新しい本を買ったほうが早いのではないかと思うが、三大はボロオロの本が気に入っている。

 よく見たので、ボロボロになったのならいいが、三大は何故か本の紙の部分を1枚持って歩いたり、手でくちゃくちゃに握り締めたりするからたまらない。

 哀れピタゴラスイッチの本は、何処から見ても元本だったと思えない。どんな修復名人でもきっとお手上げだろうと思う。

 そんな訳でばあちゃんは本の修理を諦めました。それにアレほど好きだったピタゴラのDVDはここ1年余り見ていない。時々ボロボロ本を持ち出してみているときもあるのだが...

 1歳を少し過ぎた頃、誰かがピタゴラ、と言うとかわいい声でスイッチと答えていた。今はすっかり言わなくなった。

 三大君、と呼ぶと2週間前まではハイと答えていたが、最近では三大君と名前を呼ぶと、ポンと言う。「明日プールに行く人」と訊くと、三大はポンと答えてくる。

 あんなに元気にハイと言っていた言葉は、何処に行ってしまったんだろう。また戻ってくるんだろうか。
 
by inakagurashi2003 | 2012-08-28 21:42 | 孫日記

お泊りできた

 三大(さんた 4歳の孫)2012.8.26の写真集
f0002750_2295647.jpg
f0002750_22112010.jpg
f0002750_22115967.jpg
f0002750_22125129.jpg
f0002750_22145850.jpg
f0002750_22174766.jpg
f0002750_222119100.jpg


 昨日土曜日外房の田舎の家へ、三大を連れて行った。ここへはいつも日帰りで行っていたから、この日は思い切って泊まってみようと思った。

 2年前泊まるつもりで行ったが、夕方暗くなると帰りたがり、仕方なく夕食を食べて帰ったことがあった。それ以来三大は泊まらない家になっていた。

 今回は何処の家でも泊まれるように練習のつもりであった。プールで遊び夕食を食べ、お風呂に入ると、おうちと1回言った。

 今日はここで寝るんだよ、言い聞かせたが解ったかどうか、泣くことはなかった。お母さんと布団に入り1時間ほどグズグズしていたが、9時半ごろ眠った。

 良かった泊まれるようになれば、何処にでも連れて行くことが出来る。朝7時に目覚めるまで一度も起きることなく眠った。

 さあそれからが大変!!朝ごはんも食べずさっさとプールへ入りたいと言う。見えるところにあるんだもの仕方ないよね。

 潜る、潜る、高い脚立からエイヤツと飛び込む、やってることは4歳とは思えないほど。途中1時間ほど海へ行った。砂浜で少し遊んだが、波は怖いようだったので、無理はさせなかった。

 砂を口に入れたら、潮味がして少し食べてしまった。美味しいのかな。海から帰るとまたプール、お昼を何とか食べさせ、またプール。

 車の混雑を考え、無理やり1時半にプールからだした。本日合計5時間プールに入りました。先祖はイルカか人魚か...

 疲れたのか帰りの車で家に着くまで眠った。1時間半も昼寝したのは何年ぶりだろう。三大の有り余る体力についていけない。

 もともと黒い子だったが、毎日のプールで最近では黒光してきた。まるで高校球児のようになった。もとに戻るだろうか。真っ白な歯が益々白く見える。
f0002750_22135767.jpg
f0002750_22221699.jpg

by inakagurashi2003 | 2012-08-26 22:06 | 孫日記
 オルデンブルグの和(NAGI)は今日、7歳の誕生日を迎えた。今年も友達やオーパ(お爺ちゃん)オーマ(お婆ちゃん)伯母さんたちと、賑やかに誕生会をやっているだろう。

 ちょうど今頃、忍者パーテイーの真っ盛りかも知れない。今年もママが手作りのケーキを作り、何故かドイツ人に好評な、焼き鳥を焼いているだろう。

 広い庭には忍者が隠れそうなガーデニング用品が入れてある小屋もある。地下には物置もある。こっそり隠れて、素早く現れる忍者。

 覆面をし忍び足で歩いてくる可愛い忍者のナギを想像している。そこへ駆け寄る別の忍者、くの一かもしれない。どうか怪我だけはしないように....

 ナギが忍者が好きだと言うので、ネットで忍者服を注文し送った。娘もいろいろ小道具を作っているらしい。

 ナギは送られた忍者衣装を着て、「お婆ちゃん忍者の店に行ったのかなあ」生憎お婆ちゃんは忍者の店は知らないので、ネットで注文しただけ。

 浅草辺りに行けば、そんな店もあるのかも知れない。外国の人たちは日本の昔の人が好きなんだそうな。武士、忍者、切腹、そんなものがどうして興味をそそるのか解らないけど...

 そういえば、Tシャツに漢字が書いてあるのも好きなんだそうです。自分の名前を漢字で書きたがる人もいる。

 亜武 田陸、これ婿殿の名前です。こんな文字の入ったTシャツを送ったら、喜ぶだろうか。それとも唖然とするだろうか。

 私の孫は、日本名S,和(なぎ)立派な漢字があって良かった。お爺ちゃんの曾お爺ちゃんは、高崎藩の家老でした。なぎの好きな忍者ではないけれど、武士です。

 楽しい忍者パーテイーを、7歳の誕生日おめでとう。夏休みが終わると2年生だね。
by inakagurashi2003 | 2012-08-20 22:40 | 孫日記

オリンピックが語るもの

 ロンドンオリンピックが終わった。日本もたくさんのメダルを獲得し、一喜一憂しながらの2週間の幕を閉じた。そりてリオデジャネイロへバトンは渡された。

 また4年後を見据えた戦いが、選手たちの中では始まるのだろう。東京も8年後のオリンピック開催地として立候補している。

 あの時私は二十歳だった。代々木会場の外で聖火が燃えるのを見ていた。抜けるような青空を今も覚えている。あれから幾度もオリンピックがあり、それぞれの感動もあった。

 東洋の魔女と言われた女子バレーボール選手は、私と同年代の人たちだった。思えば私に関わる人、親戚も同級生も、隣近所の人も誰も知っている人がオリンピック選手になったことはない。

 それでも手に汗して胸躍らせ、夜中に応援しているのは何故か。祝日に国旗を掲げたこともないのに、日の丸が恋しいのは何故か。

 金メダリストに国歌が流れるのを聴く時、瞼が潤むのは何故か、選手の誰一人とも話した事さえない。一人の部屋で拍手までしている。心震わせて...

 あと何回オリンピックを見られるだろう。参加した200を超える国と地域に、参加した全ての選手に、それを支えた全ての人たちにありがとう。

 燃え尽きて現役を引退する選手もいるだろう。もう一度4年後を目指す選手もいるだろう。それぞれの道に幸いを....

 メダルは取れなかったがよく戦った選手に、もっとも輝く星のメダルを捧げたい。負けたっていい、君の目指した精神は強く美しかった。

 
by inakagurashi2003 | 2012-08-14 22:08 | 雑談

楓ちゃんと房総へ

 
f0002750_2012577.jpg
昨日楓ちゃんを誘い、外房の家に行ってきました。楓ちゃんのお婆ちゃん、つまりは私の友だちは、昨年春股関節置き換え手術をしてから、あまり外出をしていません。

 手術後のリハビリもあまりやっていないので、歩くこともままならず家にこもりがちなので、一緒に連れて行きました。

 東京の暑さと違い、緑の風が吹いています。家の中も窓さえ開ければ、その風が通り抜け避暑地として最適です。

 昼食もあたふたと済ませ、行くよ外のプール。三大のおじいちゃんが、プールを綺麗な水に変えておいてくれました。

 三大はザンブリもぐり、楓ちゃんは少し怖いが、年下の三大が楽しそうに潜っているのを見て、そっと顔だけ付けてみました。

 そのうち最近習ったスイミングの要領で、手を伸ばし顔をつけ泳いでみました。まだ息継ぎが出来ないから、長くは泳げませんが、綺麗なフォームで泳ぎました。
f0002750_20134670.jpg


 そのうち脚立に立ち、三大と代わる代わるに足から飛び込みました。これが面白く辞められません。大人6人は椅子に腰掛け、井戸水で冷やしたスイカを食べながら見学。

 三大は飛び込みに飽きると、お湯を入れた桶に入り、小さな桶の中に眼を開け潜っています。嬉しそうに笑いながら、桶の中に入り天を仰いでいます。
f0002750_20142820.jpg


 爽やかな風、蒼い空、緑の中のプール、もぎたての甘いスイカ、田舎ってなんて素晴らしいのでしょう。特に真夏の猛暑の時、ここがあって本当に良かったと思う。

 
by inakagurashi2003 | 2012-08-11 20:10 | 田舎暮らし

焼きパプリカ料理

 暫く料理のブログを掲載していない。焼きパプリカが美味しいので、今日はその料理を紹介する。名付けて、焼きパプリカ丼なんてのはどうだろうか。大変美味しい。

 まずパプリカを焼く、これが30分ぐらいは掛かる。フライパンで焼けたところを転がして気長に焼きます。
f0002750_2182193.jpg


 焼けたら皮をむき、種を取り細切りにします。中にパプリカの汁があればそれを別にとって置く。パプリカを焼いている間にナスを素揚げします。
f0002750_2191594.jpg


 豚肉の薄切りをフライパンで焼き、ニンニクをすったものを市販の焼肉のたれと混ぜ(私はモランボンを使う)肉にかける。

肉をフライパンの隅に寄せ、焼きパプリカとその汁、なすの素上げしたものを同じフライパンに入れ焼き上げる。ご飯に盛り付け少し汁をかけて完成。
f0002750_2110128.jpg


 肉は牛肉でも鶏肉でも何でもよいと思う。自分で作ったニンニクは毎日のように利用している。これで今年の夏を乗り切るつもりでいる。

 さんたは食べないので、さわらのフライにしたら、魚のところまで食べず、(少しは食べる)フライの皮を食べている。

 皮だけではダメだが、かじったときにほんの少し魚を食べることがある。それでも良いと思いいろんな料理を食べても食べなくても作るようにしている。

 フライは小麦粉に青さの粉を混ぜたりする。海苔は大好きでよく食べてくれるから...

 
by inakagurashi2003 | 2012-08-08 21:06 | 料理

巨大プール

f0002750_891665.jpg
巨大プールで遊ぶ三大

 私たち夫婦は、終の棲家として10年前に外房の海の近くに家を買った。そして畑で無農薬野菜を作っている。エレファントにんにくは大好評で、昨年までは差し上げていた。

 年金暮らしになった今年からは、その種代が高いため、1個500円で買ってもらっている。アリオでは980円でアメリカ産を時々売っている。

 無農薬有機栽培なら、もっと高いはずであるが、980円のニンニクは売れていないようであった。自分で作ったものなので、あらゆる料理に利用する。

 これでこの夏も乗り切るつもりでいます。その外房の家へは、三大もよく連れて行きます。巨大プールで何時間でも遊びます。

 ここにはおじいちゃんが待っていて、三大が行くよと電話すると、プールに水をはって待っていてくれます。

 おじいちゃんは最近引っ越したマンションに、猫を連れていけなくて、とりあえず田舎ならと野良猫出身のロールとカッテ2匹を連れて移り住みました。

 プールに水を入れるのに2時間掛かるそうです。水道代が怖いが、三大の嬉しそうな顔には変えられない。昨日も思いっきり遊びました。

 今日は単身赴任の三大のお父さんのところ水戸まで行ってきます。お父さん三大の好きな飲み物豆乳バナナを買い待っていてくれます。

 車の中でいい子にしててね。毎日掃除しても、三大の乗った車はお菓子の崩れたのでバラバラ、飲み物等が毀れている。掃除機搭載車ないかな。

 
by inakagurashi2003 | 2012-08-05 08:09 | 孫日記

流れるプールは楽しいな

 三大(孫4歳)の学園でも、夏の間プールがある。ゴムのプールに水をはったものだが、それでも水の子三大は頭から入りたい。

 今日も登園するとそのプールが用意してあった。三大はてっきりプールに入れるものと思っている。ところが今日は別のクラスがプールに入る日だった。

すっかり機嫌を悪くした三大、その様子を聞いて、では帰ったら本物のプールに連れて行こうと、午後2時迎に行くのと同時に、葛西のプールガーデンへ。

 今日、ばあちゃんは水着を持っていかなかったから、プールの周りにあるテントの下で本を読みながら待った。プールが終わる時間一杯、三大は潜ったりした。

 ガードのお兄さんが、潜った三大を持ち上げてしまう。小さな子供が余りに長く潜って遊ぶので、心配になり抱き上げてしまうのだ。

 お兄さん大丈夫なんです、この子はこうやって遊びたいのです。言いたいところだが仕方がない。流れるプールは身長より深いから、つま先だってピョンと飛びながら息継ぎしている。

 そうやって二時間も潜り、ママに終わりにしようと言われると、オシマイと言う。そのオシマイは終わりにするのを、終わりにして、と言うのだ。つまり終わりにしたくないのだ。

 毎日暑い夏、三大を何処で遊ばせるのかで頭が痛い。他の子供たちは学園から帰ると何処へも行かず、疲れてお昼寝してしまうのだと言う。

 三大は体力が有り余り、もっと発散しないと夜も中々眠れない。プールから帰っても、まだ元気で自分で高い脚立を持ち出し、登っては飛び降り、飛び降りてはまた登り、トランポリンでもピョンピョン飛んでいる。

小さい子供の何処に、あの体力が潜んでいるのか、大人はフウフウ、グッタリ、ついていけない。

 
by inakagurashi2003 | 2012-08-02 22:32 | 孫日記

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003