人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 
f0002750_10334691.jpg
またぞろ株高だ円安だと世間は良いことのように動き出している。企業は雀の涙のように少しばかりの賃金を上げ、いかにも我社は優良企業だと言わんばかり。

 それなら非正規従業員を正社員にしたらどうか。パートの従業員の時間給も数円上げて良しとしないで、50円100円と上げてやったらどうか。

 含み資産も吐き出して、東北の復興を助けたらどうか。バブルが弾けてからそんなに長い年月が経ったわけではない。もう忘れてしまったに違いない。

 調査で幸せは何かとたずねたら、1位は所得、消費だそうだ。そうだろうか人々は健康を願わないのだろうか。平和を願わないのだろうか。

 所得は多いに越したことはない。今の世の中お金がなければ子供の教育さえままならない。学習の進歩は所得に比例するという結果が出ている。

 収入の多い家庭の子は、勉学の機会にも恵まれている。習い事も好きなだけできる。本当にそれでいいのだろうか。子供の持つ能力を平等に発見できる機会はないのか。

 食べるのにやっとの家庭の子が、やらせてみたら天才的なものを持っているかもしれない。フギアスケートをやってみたら、真央ちゃんよりキムヨナよりすごい子がいるのかもしれない。 一度もアイススケートの靴すら履いたことがないのだ。

 勉強だってそうだ、貧しい家庭の子が研究に打ち込んだら、山中教授のようにすごいことをやってくれるかもしれない。せめて均等に子供の能力を発見できないものか。

 私も夫も昨年退職し年金だけの暮らしになった。年収300万足らずで生活しているが不満はない。電気代節約のためLEDシーリングライトを買った。消費電力は十分の一だそうだ。

 美しい四季の移ろいを感じながら、  窓の外には、最近の寒さで長持ちしている桜が、まだ満開に咲き誇っている。静かに窓辺に経つと、鳥たちが花を求めてさえずっている。

 
by inakagurashi2003 | 2013-03-31 10:23 | 雑談

練習二日目

 
f0002750_2191662.jpg
楓ちゃんの自転車の練習は2日目を迎え、楓ちゃんの大きすぎる自転車では乗りこなすのが難しいと判断し、交通公園に連れて行った。

 ここなら貸し出しの子供自転車がたくさんあり、楓ちゃんでも乗れるのがあると思った。18インチの自転車を借り、まだふらつく自転車に乗せ、楓ちゃんの腕を掴み走った。

 快適に走るという体感をさせるためだ。そしてその後ペタルに足を乗せて漕ぎ出す練習をさせた。オットットとすぐ降りてしまったり、あちこちぶつけて痛がったりしたが、激励しながら一緒に走った。

 そのうち少しだが自力で走るようになった。手をたたいて出来た!出来た!と褒めてやりながら頑張ること1時間、買ってきたお弁当を桜の下で食べ休憩した。

 他の遊びもやってもいいよと言うが、自転車に乗ると言う。もう一度頑張ってみようと言う楓ちゃんの意思を尊重し、老体はまた走る。

 漕ぎ出してペタルを踏む練習を、何度も何度もやると、自分で少しは乗れるようになった。今度は楓ちゃんの家から本人の自転車を持ち出して乗ってみるが、これが思うように乗りこなせない。

 やはり楓ちゃんの身長では20インチは重いのだろう。娘が知り合いから小さいサイズの自転車を借りてきてくれた。早速それで練習すると、いとも簡単に乗ってみせたのだ。

 
f0002750_21253333.jpg
あれほど乗りこなせなかった自転車に乗れている。老体に鞭打って一緒に走ったのが報われたと思った。よかったこれで楓ちゃんも、お友達と自転車でちょっと遠くまで遊びに行くこともできるようになるだろう。

 あと少し曲がった道や細い道を練習したら私との練習は卒業だ。ぶつけたところが痛くて泣きそうだったり、止めたくなるのを半べそで頑張ったり、下を見ない!!前だけ見て!!ほらまた足を見てる!!足もペタルも何処にも行かない!!しっかり前だけ見て!!

 うるさくきつく言い続けたけど、よくついてきてくれました。よく頑張ったね、楓ちゃん。やれば出来るということを忘れないで、これからの長い人生を強く生きていってください。

 ありがとう、楓ちゃん、運動不足のおばあちゃんを走らせてくれて、私だってやれば出来ることを楓ちゃんが教えてくれました。

 自転車に乗れない小さな子供たち、おばあちゃんが教えてあげるよ。来ておくれ、自慢じゃないけど自転車に乗れない子どもや大人までも、皆乗せてしまうんだよ。

 そういう私が自転車に乗れるようになったのは、小学校3年生の時でした。その頃まだ子供自転車はなかったので、大きな大人の自転車でこっそり練習したんだよ。60年も昔の話だけど....

 
by inakagurashi2003 | 2013-03-28 21:01 | 孫日記

春を食べる

 
f0002750_10223041.jpg
昨日友人のお孫さん、楓ちゃん(7歳)の自転車に乗る手伝いをした。もうすぐ二年生になるがまだ補助輪を外した自転車に乗れない。

 友達は皆乗っているから絶対乗れるようにするんだと、年甲斐もなく挑んでみた。数週間前から左の股関節辺りが痛いが、楓ちゃんの自転車に付き合い腕を掴んで走った。

 一時間ほど練習したが怖いのが先にたつのだろう。ペタルを見たり下ばかりを見る。私は厳しく 「下は見ない足もペタルも何処にも行かない、前だけを見る!!」

 ハイ、と返事をする楓ちゃん、くじけそうになるが頑張っている。途中でお茶を買い一口飲ませた。練習場所は公園なので、花見の人が多い。思うようには練習できない。

 頑張るんだ、楓ちゃんの自転車は楓ちゃんの身長から見たら大きい。もう一回り小さいサイズなら思うように動かせるのに。買ってしまったものは仕方がない。

 明日も練習するよと約束したが、今日は雨で練習は休みにした。午後からでも晴れてくれるといいのだが..

 夕食の惣菜は、楓ちゃんの家の畑で作った分け葱を頂き、筍と酢味噌でヌタにした。土筆を取ったのでそれも卵とじにし春を食べた。
f0002750_1023632.jpg
f0002750_10233831.jpg


 やっぱり日本の食卓は季節を取り入れたのがいい。春なら春を、秋なら秋を、だから私は夏の食べ物きゅうりを今の季節あまり食べない。旬のものが一番美味しいと思うから...

 
by inakagurashi2003 | 2013-03-27 10:20 | 料理

どこから食べるの

 
f0002750_2154466.jpg
昨日夕食後デザートを要求する三大(さんた 4歳)に、先月友人から頂いたチョコレートを出してみた。大きなチョコレートだったが、そのまま出してみた。

 どうするかと見ていると、暫く眺めていたが、エエイ!!と空洞になっている下のほうからガブツといきました。
f0002750_2164222.jpg


 なんだか嬉しそうにカリと噛んで食べる。割れて毀れたのをママが拾って食べると、ビターだと言う。大人のチョコレー? 嫌がりもしないで食べている。
f0002750_2181100.jpg


 丸い台を食べてみると、こちらはミルクチョコレートで甘い。子供にはこちらの方が喜ぶのではとそれを食べさせると、甘いチョコも嬉しそうに食べた。

 どっちも食べられるんだね。でも全部を食べさせるわけに行かない。いかにも多いから適当に誤魔化して辞めさせた。ありがとうございました。頂いたチョコレートは大切に少しずつ頂きます。

 

 
f0002750_2185176.jpg

by inakagurashi2003 | 2013-03-21 21:04 | 孫日記

黄門さまご一行

 
f0002750_9152856.jpg
昨日水戸の偕楽園に行ってきました。さんたを連れてさんたのお父さんの格さんに会うために...
友達の楓ちゃんと、楓ちゃんのママも一緒に。大人3人と子供二人が軽四タントに乗っての小さな旅

 混雑を予測し7時半に出発。私が運転し常磐道をひた走る。小さいタントが頑張って走ってくれたので、9時には偕楽園の駐車場に到着。
f0002750_918985.jpg


 偕楽園の裏からさんたを励ましながら登り、公文亭辺りで休息しながら待つこと30分、現れました。今日の目的黄門ご一行。

 
f0002750_9162316.jpg
お供の格さんは、さんたのお父さんです。江戸時代の旅の衣装でさんたはお父さんが解るでしょうか。黄門様ご一行は観光客との記念撮影を始めました。

 さんたも並んでお父さんの格さんに抱っこして貰い撮影。お父さんが解ったのか照れくさくて仕方ない。何とか写真を撮り快楽園を巡り、ひたち海浜公園へ行きました。
f0002750_919588.jpg


 海浜公園の方がこどもたちには遊ぶところが多く喜んでいました。公園をめぐるトレインに乗り、林をぬけ大草原を抜け、大海原の太平洋を眺め、このトレインは大人気です。

 公園で持ってきたお弁当を食べ、たくさん遊んで、近くのジョイフルホンダでアイスクリームをたべ帰途につく。

 帰りは楓ちゃんのママが運転してくれました、渋滞もあったが車はさんたも大好きですから、飽きて煩くすることもなく無事帰宅しました。

 格さんは5時間も格さんになっていたそうで、観光客の記念の1枚を彩ったのでした。昨年8月長崎から転勤した、さんたのお父さんもこれでめでたく水戸っ子になれたのでしょう。

  体に気をつけて頑張ってください婿殿。イヤ黄門様のご家来格さん。

 

 

 
by inakagurashi2003 | 2013-03-17 09:14 | 孫日記

祈り

     (NHKあさイチ報道画面より) 
f0002750_920202.jpg


          東日本震災の被災者でもない私に何を語れよう

           海に向かい静かに祈りを捧げる人の哀しみを思う

           あれから2年、もう2年

           帰ってこない人を偲び、泣きながら過ごしたであろう日々

           多くの人たちが流した涙のためにも

           私たちはこの震災を忘れないでいよう


 
by inakagurashi2003 | 2013-03-11 09:20 | 雑談

ほんの気持ち

 
f0002750_1914937.jpg
今日3月10日は夫の71歳の誕生日だった。

 野良猫のカッテを連れて、房総の田舎に移り住んだのは先に書いた。あれから夫は良い空気の中で海で蛤を採ったり、畑を耕したりの生活を楽しんでいる。

 よっぽどの用事がない限り東京には帰ってこない。私や孫が月に2度ほど夫の元に行くくらいである。昨日も行ったが元気でした。

 今朝夫が誕生日なのを思い出しメールした。「誕生日おめでとう、何もないけどほんの気持ち」と書くと直ぐ返信が来た。「ほんの気持ちありがとう」

 たったこれだけのやりとりだった。夫からは毎朝無事を知らせるメールがある。「みんな元気です」 みんなとは、猫のカッテと自分のこと。

 40年以上も一緒に暮らしたら、多くの言葉は要らない。腐れ縁かもしれないが健康でいられたらそれだけでいい。
by inakagurashi2003 | 2013-03-10 19:15 | 雑談

熊本から愛をこめて

f0002750_20504184.jpg
この絵は三大の熊本のお婆ちゃんが描いて送ってくれたものです。

 三大は一年に一回しか熊本には行っていません。毎日会い三大を見ている私とは違い、昨年秋に三大と遊んだ阿蘇を思い出して描いてくれました。

 大きな愛をこめて、一心に描いたであろう色鉛筆画を、ありがたいと思いました。それに三大も三大のお父さんもよく似ています。

 丁寧に丁寧に塗りこめた跡が美しいと思いました。時々絵を描いているらしいです。絵と一緒にダンボール箱には、みかん、キャベツ、大きな大根、三大の好きな、くまもんの袋に入ったたくさんのふりかけ、それに三大のお母さんに素敵な春物の服が入っていました。

 きっと一人きりの孫の三大の成長を、誰よりも気にかけて愛しんでいるのでしょう。三大は元気にしていますよ。今年はいつごろ行くのでしょう。熊本のお爺ちゃんと御婆ちゃんに会いに...

 まだ4歳の三大ですが、親孝行とお爺ちゃんお婆ちゃん孝行をしてくれています。あの笑顔でニコニコされたら、ばあちゃんたちみんなメロメロになってしまいます。

 今度は天草に行くのだと行っていました。また三大が熊本に行ったら今度は天草で遊ぶ三大を描いて下さい。写真とは一味違った絵は温かい気がします。

 
by inakagurashi2003 | 2013-03-05 20:50 | 孫日記

鳥の名前が解らない

 毎日ブロッコリーを食べに来ていた鳥は、モズだと思っていたが、むく鳥ではないかと言う人がいて、写真を見比べて観察したが、ムクでもないような気がする。

 やはりモズかと写真を見れば、何だかムズとも違うような気がしてきた。むく鳥にしたら尾が長い。モズかと思えば色が違うようにも思う。

 モズともムクとも解らないまま、とうとうブロッコリーーは丸裸になりサボテンと化した。これでは鳥も食べるところが無い。

 サボテンみたいに茎だけになったブロッコリーをビニール袋で被い、どこかから逞しく伸びてきて再び葉が出てくるのを待つことにした。

 それまでコリーちゃんは何処かで元気にしていて欲しい。そうそう一羽だと思っていた鳥は、複数の鳥だった。一羽が飛んだ直ぐ後をもう一羽が飛んでいったのを見た。

 夫婦だったのかも知れない。この春何処かで巣を作り、可愛いヒナをかえすのかも知れない。そんなお手伝いを少しだけ出来たのかも知れない。

 モズなのかムクなのか、それとも違う種類の鳥なのか悩ましい。私は鳥の名前も花の名前も、草木の名前も、果ては海の魚の名前すらろくに知らないことを恥ずかしく思う。

 今更ちっとも覚えられないのだから、鳥、花、木、魚、虫、これでいくより仕方ない。この歳になっては、覚えるより忘れていくほうがずっと多いのだから...
by inakagurashi2003 | 2013-03-01 21:32 | 雑談

初孫誕生で喜びのオーマ(ドイツ語でおばあちゃん)です。


by inakagurashi2003